アクセスカウンタ

ポー川史跡自然公園ボランティア日記

プロフィール

ブログ名
ポー川史跡自然公園ボランティア日記
ブログ紹介
北海道標津町にあるポー川史跡自然公園のボランティアによるページです。
標津湿原の自然情報や、カリカリウス遺跡の様子、発掘の状況など、最新情報をお伝えしたいと思います。
zoom RSS

トドマツのマツボックリとシマリス

2011/10/15 18:02
ポー川公園、遺跡の森の復元住居から湧き水の間に、トドマツの新しい倒木があります。
立派なトドマツです。今年の実をたっぷりつけた状態で倒れてしまいました。
トドマツのマツボックリは、高い木の上でバラバラになるので、マツボックリの形をしたものをみることは難しいものです。でも、倒木ならしっかり手にとって見ることが出来ます。
なかなか貴重です。
画像
トドマツの実

そして、ドングリなど森の木の実が不作ですが、マツボックリはなかなかの実り。
倒れて採りやすくなった、このトドマツには、ひっきりなしにシマリスが実を食べに来ていました。
今なら、高い確率でシマリスに出会えます♪
画像


おひょう
記事へトラックバック / コメント


秋色

2011/10/10 19:55
すっかり晩秋の雰囲気ですo(^-^)o
標津湿原は、イソツツジや、エゾゴゼンタチバナの葉が赤くなり、小さな紅葉を見せてます。
画像

森の中は、残念ながら紅葉イマイチで落葉が進んでいます。
でも、落葉して見晴らしが良くなり、景色が変わって、また楽しいです。
今日は、野鳥が秋の渡りシーズンで、カワラヒワや、ベニマシコ、カラ類も、群れで移動していて、なかなか賑やかでした(^o^)/
まだまだ、楽しめますよ!
おひょう
記事へトラックバック / コメント


湿原の花はこれから

2011/06/18 20:11
画像

ブログ久々の更新です。ご無沙汰すみませんm(_ _)m
標津湿原は、今、ミツバオウレンやコツマトリソウが咲いてます。
ワタスゲやエゾゴゼンタチバナ、イソツツジが咲き始めてきたので、見頃はもうあと一週間といったところでしょうか?
是非足を運んでみてください。
鎌田恵実
記事へトラックバック / コメント


トリカブト開花

2010/08/17 15:11
画像

今日も良い天気です!海風がふくと涼しくて気持ちがよいです。
標津湿原では、サワギキョウが最盛期で紫色が目立ちます。ナガボノシロワレモコウやノリウツギもまだ見られます。そしてアキノキリンソウが目立ってきました。
森では、エゾトリカブトが開花です!
花たちは、すっかり秋らしくなりました。でも、まだ標津にしては暑い日が続きますね〜
おひょう

画像
記事へトラックバック / コメント


いきものを見つけよう!

2010/08/16 14:55
画像

昨日、15日の日曜日は夏休みイベント「いきものを見つけよう!」でした。
ちょっと寒くて、参加者も少なかったですが、ミヤマカラスアゲハやモンキチョウ、フタスジチョウが捕まえられました。湧き水も探検。冷たい湧き水に裸足で入って水の中の生き物も探しました!
トンギョ、ヤマメ、ヨコエビを捕まえましたよ!
その他、外来種捕獲調査で捕まったセイヨウマルハナバチと大きなモクズガニも見せてもらいました!
おひょう

画像
画像
記事へトラックバック / コメント


チョウチョ

2010/08/13 14:06
画像

雨が去って、今日はカラッと良い天気です♪ポー川公園内は蝶が飛び交っています。
写真のモンキチョウは一番多く、すぐ捕まえられます。ミヤマカラスアゲハや、キアゲハも飛んでますが、速くて、とても追いつけません。
明後日、イベント「いきものを見つけよう!」を開催します。9:30ポー川公園資料館前集合です。是非、参加ください!
問い合わせは、ポー川史跡自然公園TEL0153822155です。
おひょう
記事へトラックバック / コメント


増水のポー川

2010/08/09 20:47
土曜日の雷雨でポー川もすっかり増水し、湿原の側溝は川のように流れ、山からの湧き水はいつもは50cm幅くらいの細い流れなのが、まるで大きな池のようになっていました。
増水前のポー川の写真と増水状態のポー川の写真を比べると、横たわった倒木がすっぽり水没して上の方の枝しか無いのがわかります。
約2mくらい水位が上がったのでは?
画像
増水前


画像
増水中


ともかく、今はとても涼しく過ごしやすいです。夜は寒いくらいです。
みなさん涼みに来て下さいね。

おひょう
記事へトラックバック / コメント


猛暑と雨

2010/08/07 11:35
画像

昨日の暑さは参りましたね〜。いつもは寒いくらいの標津も朝から30℃を越えるなんて有り得ないようなことでした。
今朝も暑かったですが、今は土砂降りの雨!これで涼しくなって、そして標津の短い夏も終わりかな?
この暑さで、花々も入れ替わってきました。夏の花は一気に終わり、秋の花が咲き始めてます。
お盆明けまで、ポー川公園受付にいてガイドの依頼に答えます♪遊びに来て下さいね。
おひょう

画像
記事へトラックバック / コメント


ノリウツギ満開

2010/08/04 12:38
画像

標津湿原は、ノリウツギが最盛期です。今日は晴れているので、モウセンゴケの小さな花もたくさんみられました
湿原入口も花盛り。ツリガネニンジンがキレイです。普通は紫色ですが、今年も白花ツリガネニンジンが咲いています♪是非見に来てね。
おひょう

画像
記事へトラックバック / コメント


クラフトを楽しもう!

2010/08/01 20:55
画像


先週25日はポー川史跡自然公園、夏休みのイベントでした!
子どもたち十数人と楽しみました。
小さな作品です、なかなか思うようにいかず接着剤も速く乾かずでしたが、こんな感じの仕上がり!
ヒートペンも使って文字や模様入りの小枝の鉛筆は大人気!、、でしたね〜


画像

画像


arupusumamagon
記事へトラックバック / コメント


盛夏の候、、

2010/07/30 23:27
画像

こんにちは!

標津湿原も暑い日が続いています。あまりに暑いか、大雨かで観光客も途絶えてますが、一気に開花したナガボノシロワレモコウ真っ白さも昨日の雨に打たれ変色してました。

7月も終わります。湿原を渡る風はひんやりとして、もう秋を思わせています。
arupusumamagon

画像
記事へトラックバック / コメント


復元住居修復

2010/07/27 23:40
画像

公園の開拓の村にある、擦文時代の復元住居の修復が終わりました!
今年葺き替えたところが色が違うのが良くわかりますね(^O^)おひょう
記事へトラックバック / コメント


湿原の花

2010/07/19 22:49
画像

標津湿原の花々は、今年の6月の暑さでちょっと早めの動きです。ツルコケモモはほとんど終わり。でもアヤメはまだ3種類見られます。
写真はノハナショウブ。
今日から1ヶ月間自然ガイドが公園を案内しています♪是非ガイドつきでポー川公園を楽しんで下さい?
おひょう


画像
記事へトラックバック / コメント


ポー川公園情報

2010/06/17 22:39
すっかりご無沙汰しています。
ひさびさのポー川公園の様子をお伝えします。
標津湿原は、かわいいワタスゲの実が見ごろです。
画像

「風に揺れていたワタスゲ」

エゾイソツツジはつぼみ、クロミノウグイスカグラ(ハスカップ)のお花も見られます。
画像
画像



でも、木道中間地点でクマ出没で通行止めになってます。森にはいけず、残念。
画像


湿原の植物観察には良い季節です。鳥もね。

<写真&情報:arupusumamagon 、文章:おひょう>
記事へトラックバック / コメント


1985年の標津湿原

2010/03/13 17:29
ポー川公園で夏の1ヶ月間来園者へのガイドを行う「夏期解説員」は、25年くらい続いています。
自然ウォッチングセンターの事務所に、1985年の「夏期解説員」が撮影した写真と1986年のガイド記録が出てきました
ポー川公園自体が1980年開園なので、開園5年目の記録です。

せっかくなので、その一部を紹介したいと思います。
画像

1985年7月17日の標津湿原です。
開園当時の木道!味のある木道で良いですね
ちなみに、次の写真が2009年7月21日のほぼ同じ位置からと思われる写真です。
画像


こちらは、1986年8月1日の湿原木道の終点付近。植物の看板も今は変わってますね。
赤丸は、シラカンバの木です。今と変わらず背の低い状態ですね。
画像

比較に2006年8月15日の木道沿いのシラカンバの写真です。
画像

同じシラカンバはどれかはわかりませんが、変わらずシラカンバは大きくなれないようです。

おひょうより
記事へトラックバック / コメント


ご無沙汰しています!

2010/03/01 21:19
みなさんお元気ですか?昨日は久しぶりに友達とポー川へ。
すると、標津のガイドグループも京都修学旅行生受け入れ準備に来てました。
一緒に歩き賑やかなツアーとなりました。

静かな森はたちまち飛び立つ鳥たちやら歓声やらになりましたが、トビの巣、木の芽など冬のポー川ならではの景色満喫でした。
画像


しかし、チリ地震による津波警報にツアーは直後引き返す事態になり終了しました

今日から3月、春はそこまで〜

「arupusumamagon 」より
記事へトラックバック / コメント


今年もよろしくお願いします!

2010/01/05 22:02
今年もよろしくお願いします
とりあえず、ご挨拶です。今年も、調査、ガイド、そのほかボランティア活動がんばりましょう
記事へトラックバック / コメント


年の瀬ですね。皆様良いお年を!

2009/12/27 22:07
今年も、いろいろお世話になりました
もう、十数年通っていますが、ポー川史跡自然公園の自然は本当に奥深く、行くたびに「本当に良いところだな〜」と感じます。
もっと多くの人にこの良さを知ってほしいと思う反面、静かな自然の雰囲気を独り占めしたい気分にもなる場所です。
来年も、いっぱい公園の自然を見て歩きたいなーと思います。

今年は、ボランティア講習会は開催できませんでしたが、少しずつでも、ボランティアの活動を続けていけたらと思います。来年こそは、講習を実施!
そして、来年は、鳥類のラインセンサス調査を実施できればと思ってます。
丁度、20年前に野生生物情報センターのすばらしいメンバーの皆さんがラインセンサスを行っていて、記録が残ってます。そして、それを見た10年前の私が同じ形で調査しようと記録を残しています。
来年、ちゃんと記録を取れたら、10年置きの調査を実施できることになるはずです。

ポー川史跡自然公園ファンとしては、ポー川公園でやりたいことは尽きなそうです。
来年も、皆様よろしくお願いいたします

おひょう
記事へトラックバック / コメント


今年の標津湿原ササ進入調査の報告です。

2009/11/02 21:55
昨年(2008年)11月から始まった、湿原ササ進入調査は、湿原に生えているササが、どんどん広がって湿原に悪影響を与えるものかどうかを調べるための調査です。
今年2009年7月20日(祝)に、昨年印をつけたササがどれくらい変化しているかの調査を実施しました。
印の水糸とペンキ、杭はわかりにくくはなっていたものの、しっかり見つけられました。
画像

その結果をお伝えします。
ササ調査ライン1:去年より3カ所、合計20本のササが増えているのを確認。また1uあたりの密度も増えてます。
画像

画像

ササ調査ライン2と3:去年より1カ所11本のササが増えているのを確認。でも1uあたりの密度が減ってます。
画像

ササ調査ライン4:変化は確認できず。

調査方法改良の余地ありですが、数年記録を取って経過を見ていけたらと思います。

記事へトラックバック / コメント


ポー川まつり レポートC 餅つき

2009/10/20 16:59
ポー川祭りレポート最後は、農家と番屋で行われた餅つきとサケの串焼きです。
画像

復元番屋内では、標津町の名物サケを竹串にさして、囲炉裏で焼いていました
囲炉裏に火が入るだけでも、雰囲気ありますね。しかも、串焼きの魚とは、ぴったりです。

そして、復元農家では、餅つきが行われていました。
いつもは、展示物としてただ並んでいる杵と臼が大活躍です。
画像

農家の中では、もち米を蒸す作業と、つきあがった餅を丸める作業が行われていました。
画像
画像

たくさんの人が作業をしていて、農家が生き返ったようです

農家の玄関先で餅つきです。慣れた手つきですばやく餅つきが行われていて、作業風景に惚れ惚れです。
画像


子供たちも餅つき体験してました。楽しそうです
画像

記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ポー川史跡自然公園ボランティア日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる